カテゴリー別アーカイブ: トラブルシューティング

mysqlのネクストキーロックと挿入インテンションギャップロックのデッドロックを確認する

概要

先日mysqlを利用したアプリケーションにおいてデッドロックが発生しました。
あちゃぱーと思いつつもせっかくなので自分の中で消化しきれいなかった部分をこれを機に再確認してみることに。

この記事ではmysqlのデフォルトの分離レベル(Repeatable Read)においての レコードロック / ネクストキーロック / ギャップロック / 挿入インテンションギャップロック というハイカラな単語と結びつけながら自分なりに解釈したものを解説します。
と、赤字で書きましたが、始めに詫びを入れておきます。
ロックの解釈はドキュメントを読むだけで詳細に把握するのは非常に難しく、もしかしたら間違っていることを言っているかもしれません。そしたら本当に申し訳ありません。 続きを読む mysqlのネクストキーロックと挿入インテンションギャップロックのデッドロックを確認する


時間が立つとGoogle APIのOAuth認証に失敗する

概要

Googleが提供するツール。便利ですよね。
公式ではよくG Suitesと呼ばれているスプレッドシートや、ドキュメントなどなどのことを指します。
アプリケーションからG Suitesを操作するためにはOauth認証を利用するのですが、今回はその際時間が立つと認証時にエラーが出てアプリケーションからの操作ができなくなる問題に遭遇したのでまとめておきます。 続きを読む 時間が立つとGoogle APIのOAuth認証に失敗する


javaアプリケーションのcron起動時の文字化けに対応する

概要

javaアプリケーションの起動を行った際に、ある部分で文字化けが起こったので対応について調査する。

具体的には不具合が起こった箇所はjavaアプリケーションから外部プロセスを起動する部分や、メールを送信する機能の本文にVelocityのテンプレート機能を利用しており、これらを利用する箇所でそれぞれ日本語箇所が文字化けしていた。
続きを読む javaアプリケーションのcron起動時の文字化けに対応する


osx brew で easy_install が正常にインストールされない

概要

python を使用する機会があり、brew経由でインストールを行った。
ついで pip をインストールしようとしたところ下記のようなエラーがでてしまって pip のインストールができない。
これについて対応してみる。 続きを読む osx brew で easy_install が正常にインストールされない


SeleniumのStaleElementReferenceExceptionに対応する

概要

Selenium (javaAPI) を用いてスクレイピングを実施しするような仕組みを作っていたところタイトルにもあるエラーに遭遇した
(そうでなくてもSeleniumはなれるまでなかなかピーキーな動きをするときもあるが)

厄介なことに毎回必ず同じタイミングで発生するわけでもなく、その発生はかなり不定期である。
実施しているスクレピング処理においては、条件を引き起こすページすら一致せずにどのページでもまんべんなく発生する可能性が存在するようである。

今回はその解決方法について調査して実装までを検討する。 続きを読む SeleniumのStaleElementReferenceExceptionに対応する


scalikejdbcでmysqlとの通信時のCommunicationsExceptionに対処する

概要

scalaアプリケーションを作成している際に下記のような例外が発生しているケースがありました。

[CommunicationsException: Communications link failure

The last packet successfully received from the server was 15,048 milliseconds ago.  The last packet sent successfully to the server was 10 milliseconds ago.]

今回はこのエラーの原因とその対処についてまとめたいと思います。
ちなみにタイトルにはscalikejdbcと記述してありますが、原因分析についてはmysqlを使用していれば例外なくほぼ同じことが原因であることが多いです。 続きを読む scalikejdbcでmysqlとの通信時のCommunicationsExceptionに対処する


mac osx におけるファイルディスクリプタの上限

概要

mac osxでmysql5.7.11を用いてアプリケーション開発を行ったところ、特定の動作をした時点でアプリケーションが動作しなくなる現象に直面した。

mysqlのエラーログを確認してみると下記のようなエラーが出ていることが確認できた。

[Warning] File Descriptor 2032 exceedeed FD_SETSIZE=1024

開発にともなって行った「特定の動作」とはmysqlにおいて、あるテーブルにpartitioningを適用したことである。それも結構な数の。
なるほどmysqlエラーログと合わせてみてみるとその状況は察することができる。
partitioningを切ったことで、物理的に異なるファイルとしてその実態データファイル(InnoDBでいうところのibdファイル)が分離された。
mysql上でそれら実体ファイルをオープンしているfile descriptorがosの上限を上回ったのであろう。

この点について原因の調査と、対応方法をまとめる。 続きを読む mac osx におけるファイルディスクリプタの上限


mysqlにおけるvarcharのindex使用時の注意

概要

みなさんmysqlを使用していてvarcharのカラムにindexをつけることってないだろうか?
selectする際にindexが付いているカラムを対象にwhereをつけているのにindexが有効になっていない機会があり得る。
今回はそんな時に認識しておかないと、はまるかもしれない挙動について取り上げる。 続きを読む mysqlにおけるvarcharのindex使用時の注意