Unix/Linuxプログラミング

webエンジニアが持つスキルセットとして、どこまで保持してれば十二分な対応ができるか。
それについて私の中ではunixに関する知識を持つことが必須、だと思います。

LLでアプリケーション書いてシステムが構築できればアプリケーションエンジニアとしては十分かもしれませんが
やはり言語の性能の限界や、トラブルシューティングなど考えたらunixは基礎として身につけておくべきでしょう。
できればかなりソースに近いレベルで。

でも哀しいかな。ここ5年くらいの動向を見ていると、しばらくはunixなんぞしらなくてもそこそこ食っていけるような業界となってきているようです。
むしろどちらかと言うと低レイヤなところをできるよりも、アプリケーションを品質高く実装できるエンジニアがかなり需要があるように感じます。
もちろんそういった人材がいなければいないのですが

というわけで現場としてもそれらが必要となる現場は(webにおいては)少ないです。
よってそういったスキルセットを持つエンジニア母数も減少すると。

でもアプリケーションを支えているのは当然低レイヤな技術なわけですから、そういったところを補っていきたい。
ビジネスレイヤには見えてこないだけで世界的には多くのコミッタがいることでしょう。

と、私の立場的にはそういった技術を身に着けたいけれども現場がない。ということで独学で勉強するしかないなと思い立って勉強中です。

いったん下記の書籍で勉強中です。

まずはこちらで理論を補います。
unixっていきなり全部立ち向かうのは無謀です。大きすぎる壁なので。
まず取っ掛かりとして挑むにはちょうどよいサイズです。

続いてこちらで実装を補います。
理論だけではもったいないですから、実践して自分のものにします。

現在一読したところですが、かなりよいです。
なお後者の書籍に関して課題などが挙げられているので、このブログでもピックアップしながら解説していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください